HOME > 建設事業 > 技術開発 > ハイパー耐震工法

ハイパー耐震工法

耐震補強のことなら ハイパー耐震工法
既存建築物の耐震改修に革新をもらたす新工法。

耐震強度および制震効果(靭性(ねばり))の双方を兼ね備え、強靭な耐震性能が得られます。
施工後も変わらない外観と、居ながら施工(短工期)を可能にした新しい高機能耐震補強工法、それがハイパー[HI-PER]耐震工法です。


現代の耐震補強ニーズから生まれた革新的耐震工法。

ハイパー耐震工法は、細分化された鋼板を強固に組み合わせることで軽量かつ高強度を実現し、さらにリブ界面に発現する 摩擦力によって制振効果も期待できます。また、重機を用いることなく省スペースでの施工が可能なため 入居しながらの施工等、多様な建物へ対応できるほか、建物意匠への影響も最小限に抑えることが可能です。


耐震革命
〔施工例〕

耐震改修箇所(中央部柱)の施工前の状態です。

鋼板に繊維シートを2層に巻き付けて補強していきます。

補強部を化粧ボードで仕上げて耐震補強工事完成です。

国土交通省助成事業に認可 ハイパー耐震工法ホームページはこちらから

  • 建設事業
  • 技術開発
  • ハイパー耐震工法
  • 断熱革命
  • PC工法
  • 施工実績
  • 土地の有効活用

  • 個人情報の取り扱いについて
  • ご利用にあたって

ページの上部へ